おすすめ記事
タカラヅカ歌劇ポータルブログ_専科

専科 轟悠のこれまでの出演舞台の様子を収めた、舞台写真集が7月9日(金)に発売されました!

現在、最後の主演舞台となる星組公演 『婆娑羅(ばさら)の玄孫(やしゃご)』も9日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで初日を迎え、15日まで公演中となります。

東京では、2021年7月21日(水)~7月29日(木)に東京芸術劇場プレイハウスで公演が行われます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

轟悠 舞台写真集(新品)
価格:3000円(税込、送料別) (2021/7/11時点)

舞台写真集について

2021年10月の退団を発表した、専科の轟悠。
雪組トップスターとして一時代を築いたのち、2002年に専科へ異動、以降はコメディーから文芸大作まで様々なジャンルの作品に出演してきた轟の舞台写真集が、この夏、発売されます。
巻頭は、宝塚GRAPHでもドラマティックに舞台を切り取った写真で人気のある忠之氏による迫力ある舞台写真を掲載。
また、退団を決めた今の気持ちを率直に語るロングインタビューと、轟のダンディズムを写し出したモノクロポートレートも必見です。
専科時代の出演作品を写真で辿るアーカイブや、初舞台から網羅した舞台年表も収録。宝塚歌劇という夢の世界で男役を35年追究し続けた稀有なスター、轟悠の珠玉の舞台を収めた愛蔵書となる一冊です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事