おすすめ記事
元雪組トップスター 早霧せいなさん引退を発表

元雪組トップ男役の早霧せいなさんがInstagramにて2023年6月1日をもって引退を発表しました。

関連記事

元宝塚歌劇トップスター・早霧せいなが引退発表「本日をもって"早霧せいな"としての活動にピリオド」 元宝塚、早霧せいなさん引退:時事ドットコム

宝塚歌劇団時代の主な出演舞台

2001年4 - 5月、宙組『ベルサイユのばら2001-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』

2001年6 - 8月、『ベルサイユのばら2001-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(東京宝塚劇場)
2001年11 - 2002年3月、『カステル・ミラージュ』 - 新人公演:コーサ・ノストラ(本役:夏大海/珠洲春希)『ダンシング・スピリット!』
2002年4 - 5月、『エイジ・オブ・イノセンス』(バウホール・日本青年館) - 秘書
2002年7 - 11月、『鳳凰伝』 - 新人公演:ぜリム(本役:初嶺まよ)『ザ・ショー・ストッパー』
2002年12 - 2003年1月、『聖なる星の奇蹟-いつか出会う君に-』(ドラマシティ・赤坂ACTシアター)
2003年2 - 6月、『傭兵ピエール』 - 新人公演:ギョーム(本役:七帆ひかる)『満天星大夜總会』
2003年8月、『鳳凰伝』 - 博士『ザ・ショー・ストッパー』(博多座)
2003年10 - 2004年2月、『白昼の稲妻』 - ペール、新人公演:サバティエ(本役:大和悠河)『テンプテーション!』
2004年3月、『BOXMAN-俺に破れない金庫などない-』(日本青年館・ドラマシティ) - デレク
2004年5 - 8月、『ファントム』 - 従者、新人公演:リシャール(本役:遼河はるひ)
2004年10 - 11月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー) - フィル
2005年1 - 4月、『ホテル ステラマリス』 - 新人公演:ガイ・プレスコット(本役:大和悠河)『レヴュー伝説』
2005年5 - 6月、『Le Petit Jardin(ル プティ ジャルダン)』(バウホール) - パトリック
2005年8 - 11月、『炎にくちづけを』 - サート、新人公演:パリア(本役:大和悠河)『ネオ・ヴォヤージュ』
2005年12月、和央ようかライブショー『W-WING-』(ドラマシティ)
2006年3 - 7月、『NEVER SAY GOODBYE』 - タリック、新人公演:ジョルジュ・マルロー(本役:和央ようか) 新人公演初主演
2006年8月、『UNDERSTUDY』(バウホール) - コーネリアス・グリーン
2006年11 - 2007年2月、『維新回天・竜馬伝!』 - 沖田総司、新人公演:坂本竜馬(本役:貴城けい)『ザ・クラシック』 新人公演主演
2007年3 - 4月、『A/L(アール)-怪盗ルパンの青春-』(ドラマシティ・日本青年館・中日劇場) - ドニス・カンデラ
2007年6 - 7月、『バレンシアの熱い花』 - マルコス、代役:ドン・ファン・カルデロ(本役:七帆ひかる)[注釈 1]、新人公演:ラモン・カルドス(本役:蘭寿とむ/北翔海莉)『宙 FANTASISTA!』(宝塚大劇場)
2007年8 - 9月、『バレンシアの熱い花』 - マルコス、新人公演:ラモン・カルドス(本役:蘭寿とむ/北翔海莉)『宙 FANTASISTA!!』(東京宝塚劇場)
2007年11月、『THE SECOND LIFE』(バウホール) - ケリー・スレーター
2008年2 - 5月、『黎明(れいめい)の風』 - 宮川喜一郎『Passion 愛の旅』
2008年6 - 7月、『殉情(じゅんじょう)』(バウホール) - 佐助 バウWS主演
2008年9 - 12月、『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』 - ピーター『ダンシング・フォー・ユー』
2009年2月、『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-』 - オスカル/ベルナール『ダンシング・フォー・ユー』(中日劇場)

2009年5月、『風の錦絵』『ZORRO 仮面のメサイア』 - オリバレス総督(東京宝塚劇場のみ)
2009年7 - 10月、『ロシアン・ブルー』 - ダーリン・ロス『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』
2009年11 - 12月、『雪景色』(バウホール・日本青年館) - 小四郎[注釈 3]/三五郎[注釈 3]/伊左次[注釈 3]/吉蔵[注釈 3]/伊予三郎忠嗣[注釈 3]/伊予四郎信嗣[注釈 3] バウ・東上W主演[15][14][7][17]
2010年2 - 4月、『ソルフェリーノの夜明け』 - ベルガー『Carnevale(カルネヴァーレ)睡夢(すいむ)』[7]
2010年6 - 9月、『ロジェ』 - クラウス『ロック・オン!』[7]
2010年10 - 11月、『はじめて愛した』(ドラマシティ・日本青年館) - ベルモンド
2011年1 - 3月、『ロミオとジュリエット』 - マーキューシオ
2011年4 - 5月、『ニジンスキー-奇跡の舞神-』(バウホール・日本青年館) - ヴァーツラフ・ニジンスキー 東上主演
2011年7月、『ハウ・トゥー・サクシード』(梅田芸術劇場) - バド・フランプ
2011年9 - 11月、『仮面の男』 - ダルタニアン『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
2011年12 - 2012年1月、『Samourai』(ドラマシティ・日本青年館) - 渡会晴玄
2012年3 - 5月、『ドン・カルロス』 - ポーザ侯爵『Shining Rhythm!』
2012年7 - 8月、『双曲線上のカルテ』(バウホール・日本青年館) - フェルナンド=デ・ロッシ 東上主演[16][17]
2012年10 - 12月、『JIN-仁-』 - 坂本龍馬『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』
2013年2月、『若き日の唄は忘れじ』 - 小和田逸平『Shining Rhythm!』(中日劇場)[17]
2013年4 - 7月、『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』 - オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ/ベルナール
2013年11 - 2014年2月、『Shall we ダンス?』 - エラ『CONGRATULATIONS 宝塚!!』 大劇場ヒロイン[9][17]
2014年3月、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』(全国ツアー) - オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ 全国ツアー初主演[17]
2014年6 - 8月、『一夢庵風流記 前田慶次』 - 奥村助右衛門『My Dream TAKARAZUKA』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A9%E9%9C%A7%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%AA

雪組トップスター時代

2014年10月、『伯爵令嬢』(日生劇場) - アラン・ド・オルレアン トップお披露目公演
2015年1 - 3月、『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-』 - ルパン三世『ファンシー・ガイ!』 大劇場トップお披露目公演
2015年5月、『星影の人』 - 沖田総司『ファンシー・ガイ!』(博多座)
2015年7 - 10月、『星逢一夜(ほしあいひとよ)』 - 天野晴興(紀之介)『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』
2015年11 - 12月、『哀しみのコルドバ』 - エリオ・サルバドール『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』(全国ツアー)
2016年2 - 5月、『るろうに剣心』 - 緋村剣心
2016年6 - 8月、『ローマの休日』(中日劇場・赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場) - ジョー・ブラッドレー
2016年10 - 12月、『私立探偵ケイレブ・ハント』 - ケイレブ・ハント『Greatest HITS!』
2017年2月、『星逢一夜(ほしあいひとよ)』 - 天野晴興(紀之介)『Greatest HITS!』(中日劇場)
2017年4 - 7月、『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』 - 居残り佐平次『Dramatic “S”!』 退団公演

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A9%E9%9C%A7%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%AA

関連商品

created by Rinker
¥13,980 (2024/05/28 14:37:58時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事