タカラヅカ歌劇ポータルブログ_専科

2022年2月~5月の宙組 宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演として、ミュージカル『NEVER SAY GOODBYE』-ある愛の軌跡-が上演されることが発表されました。

本作品は、フランク・ワイルドホーンと小池修一郎がタッグを組み、2006年に宙組で初演され、和央ようか・花總まりのトップコンビの退団公演でした。

公演情報

2022年2月・3月:宝塚大劇場

2022年4月・5月:東京宝塚劇場

作・演出:小池修一郎
作曲:フランク・ワイルドホーン
出演:真風涼帆、潤花

スポンサーリンク

公演解説

「ジキル&ハイド」「THE SCARLET PIMPERNEL」等の世界的大ヒットミュージカルの作曲家フランク・ワイルドホーン氏と、作・演出の小池修一郎とのコラボレーションにより、2006年に宙組で上演された『NEVER SAY GOODBYE』—ある愛の軌跡—。読売演劇大賞優秀作品賞と共に、小池修一郎が文部科学大臣賞を受賞した傑作ミュージカルが、16年の時を経て再び宝塚歌劇の舞台に登場致します。
この公演で初舞台を踏んだ真風涼帆は、今や宙組トップスターとして充実の時を迎え、満を持して再演に挑みます。
1936年。ナチス政権下のベルリンオリンピックに対抗してバルセロナで人民オリンピックが開かれる。取材に訪れた人気写真家ジョルジュは、リベラルな女性劇作家キャサリンと運命的な再会を果たし、二人は恋に落ちるが、やがてスペイン内戦に巻き込まれて行く。
ファシズムと闘う人々の愛と勇気が、「ONE HEART」をはじめとする数々の名曲で綴られる、ミュージカル大作。

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20210719_009.html

元宙組トップスター 和央ようかさんからのメッセージ

関連記事

ワイルドホーン×小池修一郎の宝塚宙組「NEVER SAY GOODBYE」16年ぶりに上演

初演の配役情報

配役'06 本公演'06 新人公演
ジョルジュ・マルロー和央ようか早霧せいな
キャサリン・マクレガー花總まり花影アリス
ペギー・マクレガー花總まり妃宮さくら
ヴィセント・ロメロ大和悠河春風弥里
マーク・スタイン立ともみ美牧冴京
コマロフ磯野千尋暁郷
パオロ・カレラス美郷真也八雲美佳
マックス・ヴァン・ディック寿つかさ蓮水ゆうや
イザベラ鈴奈沙也鮎瀬美都
ベティ鈴奈沙也
ミリー彩苑ゆき
ピーター・キャラウェイ初嶺麿代朋夏朱里
アニータ毬穂えりな和音美桜
ラモン夢大輝麻音颯斗
ジョン夢大輝
デイヴ貴羽右京
パティ美風舞良
フランシスコ・アギラール遼河はるひ和涼華
ヘンリー・メリル月丘七央
アルフォンゾ・リベラ天羽珠紀香翔なおと
エレン・パーカー紫城るい咲花杏
ビル・グラント悠未ひろ鳳翔大
ニック夏大海
ホアキン珠洲春希彩羽真矢
市長風莉じん真央あきと
テレサ美羽あさひ舞姫あゆみ
ビョルン十輝いりす七海ひろき
ハンス七帆ひかる凪七瑠海
ナセール和涼華天玲美音
ラ・パッショナリア和音美桜葉室ちあ理
ファン八雲美佳天風いぶき
タリック早霧せいな鳳樹いち
ペドロ春風弥里咲真たかね
エンリケ・ロメロ凪七瑠海澄輝さやと
ミュージカル『NEVER SAY GOODBYE』-ある愛の軌跡- 2006年初演の配役

初演の公演楽曲ダウンロード

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事